SHELLY「私は『女性』ではなく『子宮のある人』という言葉を使うようにしています」→「病気で子宮取った人は女性じゃないのか」と批判殺到

SHELLY

SHELLY「私は『女性』ではなく『子宮のある人』という言葉を使うようにしています」→「病気で子宮取った人は女性じゃないのか」と批判殺到

24日に行われたLGBTQイベント「東京レインボープライド2021」の配信トークライブで、SHELLYは自身のYouTubeチャンネルでのこだわりを説明した。

芸能ライター「その中で明かされたのは生理について話す時に『女性』ではなく、『子宮のある人』という言葉を使うようにしているというこだわり。生理が来るトランスジェンダー男性もいるからだといい、『いろんな人が見ても除外されたと感じないように、言葉遣いを気にしてます』と話していました」

しかし、この発言がネットニュースで報じられると、ネット上からは「病気で子宮取ってる人は女性じゃないのか?」「ほんの数パーセントの人の為にややこしくする必要性があるの?」「一周回って侮蔑的差別的な呼び方になってる」というブーイングが殺到する事態になっている。

芸能ライター「SHELLYがこの発言をしたのは、3月3日に自身のチャンネルにアップした『【生理のこと】注目のアイテム、吸水型・生理パンツと布ナプキンを語る回』という、生理用品について語る動画。その中で、『どうしても、女性! 女性! と癖で言っちゃうんですけど、生理というのは女性に限らず子宮のある人には絶対にやって来るものなので、男性でも生まれた時は女性だったら結局生理は来ちゃうものなので』と話していました。『女性』を『子宮のある人』と表現するのは、あくまで生理に関する話の中でのこと。ネットからは『SHELLYは子宮のある人だけが女性なんて言ってない』『生理が来るのは子宮のある人っていうのは間違ってないでしょ』という指摘も見受けられました」

とは言え、ネットからはいまだ「じゃあトランス女性は『子宮がない人』って表現になる」「単に『生理のある人』って言えばいいだけでは?」という声が多く集まっている。

こんな人をテレビは起用しまくってるんだからね・・・。

マジこのオバハン。イミフなこと言ってんな!

SHELLYの性別に関する発言が波紋を広げていると、リアルライブが伝えた。生理の話では「女性」ではなく「子宮のある人」という言葉を使っているそう。ネットでは「病気で子宮取ってる人は女性じゃないのか」「差別的」との声も

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る