韓国釜山の東区のロゴが旭日旗に激似と指摘され新たにロゴを作り直すと明かす

旭日旗ロゴ

韓国釜山の東区のロゴが旭日旗に激似と指摘され新たにロゴを作り直すと明かす

韓国釜山の東区のロゴが旭日旗に似ていると指摘され、新たにロゴを作り直す計画に入っているという。釜山東区のロゴは左が青、右が赤で、「東」の漢字を元にしたもの。旭日旗に似ているというのはちょっと強引すぎる。このロゴに関して東区のホームページを見ると「青色は伝統の継承を、赤は、技術革新とダイナミックな発展を意味する」と説明。 

しかしつい最近公開された「ノノジャパン」に日本の軍国主義の象徴である旭日旗を連想されると指摘され問題視されたことがわかった。右側の世界に伸びていくことを意味を込めた右の赤い部分が、旭日旗に非常に似ているというのだ。これに対して東区の関係者は8月21日「東区のマークが時代の流れと合わず、新たに作成する必要があると判断した。来年にマークを新たに製作する予定だ」と明らかにした。 

え?これが旭日旗?
ゆるパンダは旭日旗に見えないんだけど
グレーは旭日旗に見える?

見えない・・・。
これが旭日旗に見えるとしたら病気かもね。
旭日旗病・・・恐ろしやだな。

韓国釜山の東区のロゴが旭日旗に似ていると指摘され、新たにロゴを作り直す計画に入っているという。 釜山東区のロゴは左が青、右が赤で、「東」の漢字を元にしたもの。旭日旗に似ているというのはちょっと強引すぎる。 このロゴに関して東区のホームページを見ると「青色は伝統の継承を、赤は、技術革新とダイナミックな発展を意味する」と説明。 しかしつい最近公開された「ノノジャパン」に日本の軍国主義の象徴である旭日旗

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る