旭川少女イジメ凍死事件で臨時保護者会開催も飛び交う怒号…新任校長は平謝りも教頭・担任は一度も頭を下げず

北海道旭川の中2女子が凍死

旭川少女イジメ凍死事件で臨時保護者会開催も飛び交う怒号…新任校長は平謝りも教頭・担任は一度も頭を下げず

教頭、担任教師は一度も頭を下げることはなかった

1時間30分に渡って行われた保護者会は20時30分に終了。20名を超える保護者から学校側に厳しい意見が突き付けられたが、学校は「第三者委員会の調査」を理由にほとんどの回答を拒否。保護者からは「何のための保護者会だったのか」「まったく意味がなかった」などの声が洩れたという。

事件当時を知らない校長は何度も陳謝し、保護者に頭を下げたが、爽彩さんや母親が必死に助けを求めた教頭、担任教師は一度も頭を下げることはなかったという。

なんで頭を下げないの?

そりゃあ保護者も怒るわな・・・。

《今日死のうと思う 既読ありがとう》旭川14歳少女凍死 ネットの友人3名が明かした「イジメから最期までの600日」 から続く

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る