韓国の団体「VANK」、独島バッジ2000個配布へ 選手団が身に付ける可能性

独島バッジ

韓国の団体「VANK」、独島バッジ2000個配布へ 選手団が身に付ける可能性

2021年6月28日、韓国・聯合ニュースは、韓国の外交民間団体が「独島(竹島の韓国名)バッジ」を製作して韓国体育会に寄贈する計画であることを伝えた。

記事によると、サイバー外交使節団「VANK」は、「EAST SEA(東海、日本海の韓国名)」と「Dokdo(独島)」と書かれた地図をプリントした缶バッジを2000個製作し、東京五輪参加者らに配布すると明らかにした。

東京五輪の出場選手や支援団のユニフォーム、服、カバンなどに付けて広報するために企画されたという。

大韓体育会に寄贈する計画で、これ以外にもサイバー外交官、韓国広報大使として活動する会員にも配布する予定だという。

気持ち悪・・・。

こっち見んな!!

28日、韓国・聯合ニュースは、韓国の外交民間団体が「独島バッジ」を製作して韓国体育会に寄贈する計画であることを伝えた。写真は独島バッジ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る