小泉進次郎氏「レジ袋有料化します」から1年→結局レジ袋型ゴミ袋の売上爆増、街にはビニールゴミ散乱の末路

小泉進次郎

小泉進次郎氏「レジ袋有料化します」から1年→結局レジ袋型ゴミ袋の売上爆増、街にはビニールゴミ散乱の末路

ごみ袋メーカーが行った調査によりますと、去年7月以降、レジ袋と同じような形をした取っ手付きのポリ袋の購入量が2倍以上に増えているということで、有料化がプラスチックごみの削減につながっているかどうかは不透明です。

レジ袋の有料化からまもなく1年になりますが、街なかにいわゆるポイ捨てされているレジ袋は減ったものの、弁当の空き容器などプラスチックのごみそのものは今も減っていないという声もあります。

東京 表参道などで街に捨てられたごみの清掃活動を行っているNPO法人「グリーンバード」は定期的に行う活動の一環で28日の朝、8人のボランティアが参加し、街頭や公園でごみを拾いました。

およそ40分の活動でごみ袋4枚分のごみが回収され、目立ったのは空き缶やペットボトル、それに飲み物のプラスチック製の容器などでした。

ボランティアのリーダー役を務める酒井翼さんは「レジ袋の有料化以前は、袋の中に弁当の空き容器やペットボトルなどをまとめて捨てられていることが多かったが、今はそのまま捨てられている。レジ袋のごみは減ったがプラスチックごみが減ったという印象はない」。

まったく無意味じゃん・・・。

やばすぎる。

【NHK】全国の小売店でレジ袋の有料化が義務づけられて1日で1年です。大手コンビニ各社によりますと、レジ袋を辞退する人の割合は70…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る