Google・twitter・facebookがサービス停止すると香港政府に警告、香港政府によるデータ保護法改正に懸念

データ保護法改正

Google・twitter・facebookがサービス停止すると香港政府に警告、香港政府によるデータ保護法改正に懸念

米フェイスブックやアルファベット傘下のグーグル、ツイッターが香港政府に対し、データ保護法の改正が計画通り進められれば、香港でのサービス提供を停止する可能性があると警告した。

インターネット上で個人情報を暴露する「ドクシング」対策として、香港政府が検討しているデータ保護法の見直しに3社は懸念を抱いているという。

ドクシングとは氏名住所などの個人情報が、本人の許可なくネット上で公開されることだが、改正法では利用者のドクシング行為に対し、企業側が責任を負うことになる。香港政府は、2019年の民主化デモの際に警察官がドクシングの被害に遭ったことを受けて、今回の法改正を提案したと伝えられている。

3社が加盟する業界団体は当局にあてた書簡で懸念を表明した。それによると各社の従業員が刑事捜査や訴追のリスクにさらされる恐れがあり、それを回避する唯一の方策は、香港でのサービス停止だと警告している。

わわわ・・・。

香港の自由が・・・。でもこれ、他人事じゃないよな?

 米フェイスブックやアルファベット傘下のグーグル、ツイッターが香港政府に対し、データ保護法の改正が計画通り進められれば、香港でのサービス提供を停止する可能性があると警告した。 インターネット上で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る