テレ朝『モーニングショー』、「この新型コロナは長引きますよ。ガンガン煽りましょう」という外道な関係者発言が暴露される

モーニングショー

テレ朝『モーニングショー』、「この新型コロナは長引きますよ。ガンガン煽りましょう」という外道な関係者発言が暴露される

元内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)で京都大学の藤井聡教授と、元厚労省医系技官で医師の木村盛世氏の対談をまとめた新刊『ゼロコロナという病』(産経新聞出版)が注目だ。

 特に、テレビ朝日系の情報番組「羽鳥慎一のモーニングショー」の内幕が興味深い。

 木村氏は同書で、2020年初頭に出演依頼があった際、番組関係者が「この話題は長引きますよ。この新型コロナ、ガンガン煽って、ガンガン行きましょう」という趣旨の発言があったことを紹介している。

 白鴎大学の岡田晴恵教授の「東京も2週間後には今のニューヨークになる」(20年4月時点)という発言や、局員の玉川徹氏が「煽っていると言われるくらいでいい。『もっと強い手を打っておけばよかった』って思うよりは、強めに言っておいて、そうでもなかったというほうがいい」などの発言も紹介される。

 木村氏は「確信犯的に煽っていた」といい、藤井氏は「バズらせ系」「PCR検査に関する世の混乱に関しては、『モーニングショー』が戦犯と言っても過言ではない」と評している。

これ、かなりヤバイよね・・・。下手をすると放送免許剥奪なんじゃないの?

おい玉川!ザーケンナ!!

 コロナ禍におけるメディアのあり方が問われている。元内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)で京都大学の藤井聡教授と、元厚労省医系技官で医師の木村盛世氏の対談をまとめた新刊『ゼロコロナという病』(

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る