小泉進次郎環境相「プラスチックをまず減らすよりも使わないこと」「大原則はリデュース、リユース、リサイクルの順番です」

小泉進次郎環境相

小泉進次郎環境相「プラスチックをまず減らすよりも使わないこと」「大原則はリデュース、リユース、リサイクルの順番です」

■Q プラスチックは我が国では何%くらいがリサイクルされていますか。そもそもプラスチック製品を必要最小限に絞るべきではないでしょうか。(兵庫県、斎藤香怜さん・小6) 

小泉環境相 
すごいね、小学6年生のその子、大正解です。まず減らすよりも使わないこと。リサイクルの大原則であるリデュース、リユース、リサイクルの順番です。

まず、減らすこと、これはしっかりやります。 

で、何%ですかという答えは25%です。日本の中の廃プラスチックのリサイクル率は25%。

なので、まだまだ高めていかなければならないので、これは課題ですね。来年施行される予定のプラスチック資源循環促進法という法律ができた。

日本で史上初のプラスチックという素材に網をかける法律なので、世の中が大きく変わります。.

もういいから・・・。

誰かこいつを止めてくれ・・・。

 地球規模での気候変動など環境問題に注目が集まる中、毎日新聞が中高生向けに発行する「15歳のニュース」では、読者から日本の環境政策のトップである小泉進次郎環境相への質問や提言を募り、インタビューを行った。小泉環境相は子どもたちの関心の高さに驚いたり感心したりしながら、選ばれた八つの質問に答えた。【長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る