愛知県弥富市で起きた中学生殺害事件の中学校の校長「おかしなところは全くなかった。困惑している」と驚く

中学生殺害事件

愛知県弥富市で起きた中学生殺害事件の中学校の校長「おかしなところは全くなかった。困惑している」と驚く

愛知県弥富市の市立中学校で24日、3年の男子生徒(14)が同学年の男子生徒(14)に腹部を刺されて死亡した事件が起きた。

これを受け、市教育委員会と同校の校長(59)らが同日午後、記者会見した。

校長は加害生徒について、「おかしなところは全くなかった。困惑している」と驚いた様子で話した。

学校側は加害生徒を問題のある生徒として捉えていなかったという。

校長は被害生徒の印象を、先月開催された同校の体育祭に触れ、「集団演技を頑張っていた。事件を防げなかった」などと悔しさをにじませた。

最近物騒な事件多くない?

中学生って・・・。

愛知県弥富市の市立中学校で24日、3年の男子生徒(14)が同学年の男子生徒(14)に腹部を刺されて死亡した事件を受け、市教育委員会と同校の校長(59)らが同日午後、記者会見した。校長は加害生徒について「おかしなところは全くなかった。困惑している」と驚いた様子で話した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る