岸田内閣、落選した石原伸晃氏を内閣官房参与に起用して炎上 「選挙した意味がない」

石原伸晃元幹事長

岸田内閣、落選した石原伸晃氏を内閣官房参与に起用して炎上 「選挙した意味がない」

10月の衆院選で落選した自民党の石原伸晃氏(64)が岸田内閣の内閣官房参与に起用されることが3日に明らかになった。石原氏は内閣官房参与として観光立国を担当するという。

ネット上では「落選したのにナゼ?」「ふざけるな」「さすが上級国民」など非難ゴウゴウ。岸田文雄首相にとって石原氏は盟友で、石原氏も9月の総裁選で岸田氏を支援していた。

政界からは立憲民主党の田島麻衣子参院議員もツイッターで「落選議員を内閣官房参与に起用とは違和感。参与には執務室と、勤務一日26400円が支給され、国会での答弁義務を負わない。任命の人数制限もありません」と問題提起。

「これを許したら参与ポストは、首相に近い落選議員の手軽な再就職先として、定着してしまうのでは?」と懸念している。

これは流石におかしいね。

批判が起きて当然っしょ!

岸田内閣、落選した石原伸晃氏を内閣官房参与に起用して大炎上 「選挙した意味がない」の記事ページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る