生徒や保護者にアンケート調査「いじめ加害者を出席停止にすべき」5割を超える

いじめ

生徒や保護者にアンケート調査「いじめ加害者を出席停止にすべき」5割を超える

名古屋大学大学院の内田良准教授のグループが、今年8月に小中学校の教員と保護者、中学生それぞれ400人、合わせて2000人にインターネット上でいじめに関する意識調査を実施した。

アンケート調査では、いじめについて「加害者を出席停止にすべきだ」という意見への賛否を、「とてもそう思う/どちらかといえばそう思う/どちらかといえばそう思わない/まったくそう思わない」の4段階でたずねた

「とても思う」もしくは「どちらかと言えば思う」という回答が中学生で53%、小学校と中学校の保護者でともに60%を超えた。教員では小学校で34%、中学校で46%となった

また、いじめを「警察と連携して解決すべき」という回答は、中学校の教員が最も多く73%、中学生の保護者や生徒でも60%を超えた。

興味深い結果だね。

いじめをなんとしてもなくさなきゃ!

【NHK】自殺や不登校につながる深刻ないじめが相次ぐ中、生徒や保護者への調査で「加害者を出席停止にすべきだ」という回答が5割を超え…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る