岸田首相「消費税は社会保障制度を支える財源、減税は考えていない」

岸田

岸田首相「消費税は社会保障制度を支える財源、減税は考えていない」

24日の参院本会議で日本維新の会の石井苗子議員は、経済対策の一環として消費税の減税が必要だと主張した

これに対し岸田総理は「物価高騰の要因はエネルギー・食料品を中心とした物価高だ」とし、スピード感を持って対応してきたと説明

「消費税は社会保障制度を支える財源であるため、減税を考えてはおりません」と強調した

国民のこと何も考えてない。

それじゃあ物価高をどうにかしろ!

岸田総理大臣は経済対策のための消費減税について「消費税は社会保障の財源であり、引き下げは考えていない」と強調しました。 岸田総理:「消費税は社会保障制度を支える財源であるため、減税を考えてはおり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る