表現不自由展でマスコミ「ネトウヨは民主主義とは何か、アートを通じて学び想像力を養え」

表現不自由展

表現不自由展でマスコミ「ネトウヨは民主主義とは何か、アートを通じて学び想像力を養え」

『表現の不自由展』騒動がみせた日本の不自由と無頓着

だから、小学校から高校で民主主義とは何かを正面から学ぶ機会が必要だと、つくづく思った。その教育を行うのに、アートはちょうどいいプラットフォームになるかもしれない。 

【いわゆるネトウヨみたいな人たちは『遠近を抱えて partII』を見て、あれが「作品」だということを理解しようとしないわけです。つまり「天皇の写真を燃やしている!」と受け止めてしまって、創作だと理解することを拒否する。】 例えば、映画『日本のいちばん長い日』に天皇が登場して、演じた俳優がけしからん、とはならないでしょう? それと同じだということが分からない。 それほど想像力が欠落してしまっている人が多数現れたことが、私にはショックだった。 

いい加減にして!!

マスゴミザーケンナ!

『表現の不自由展』騒動がみせた日本の不自由と無頓着(ニューズウィーク日本版) ...
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00010007-newsweek-int&p=2
テロ予告や脅迫を含む大量の抗議に遭い、展示を中止していた「あいちトリエンナーレ」 - Yahoo!ニュース(ニューズウィーク日本版)
Yahoo!ニュース

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る