韓国の徴用工問題の新解決案「日韓に限らず“世界中から募金”を」

文喜相

韓国の徴用工問題の新解決案「日韓に限らず“世界中から募金”を」

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長による、「1+1+α」案と呼ばれる元徴用工問題の解決案が韓国で注目される中、さらに新たな案が浮上。

「1+1+α」は、日韓の企業による拠出に加えて、両国の国民から寄付を募って元徴用工に賠償する内容だが、さらに世界中から寄付を募る、という案。

・今回新たに浮上した案は、12月2日にソウル新聞が国会議長室の関係者の話として報じた。既存の「1+1+α」案をベースにしながら、「世界への扉を開いて、誰でも寄付できるようにする」といい、「日韓の国民が寄付することへの拒否感が考慮されたとみられる」と解説。

全世界から寄付を募るとなれば元徴用工問題を全世界に宣伝することにもなり、日本側は反発する可能性が高いが、この国会議長室の関係者は

「むしろ日本の立場では、財政負担を軽減する機会になる可能性もある」と楽観的。

思考が怖っ!!
世界の人が寄付するわけないでしょーに!
なんでそんなこともわからないの??

世界から煙たがられてる韓国人とこの問題。
世界のみんなは知らんぷりするのは目に見えてるのにな!
ムンは思考も悲惨なようだ・・・。

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長による、「1+1+α」案と呼ばれる元徴用工問題の解決案が韓国で注目される中、さらに新たな案が浮上してきた。「1+1+α」は、日韓の企業による拠出に加えて、両国の国民から寄付…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る