日本企業、コロナ理由に韓国水産物の輸入を封鎖

韓国水産物

日本企業、コロナ理由に韓国水産物の輸入を封鎖

日本の下関港の船社が「コロナ19」を理由に、冷凍車を利用した韓国からの水産物の輸入を封鎖した。韓国の中小水産物の輸出業界のほとんどは冷凍車を船舶に乗せて水産物を輸出しており、韓国の水産物輸出が大きな打撃を受けている。

業界では政府が積極的に対応しなければならないという指摘が出ているが、関係部処は「民間レベルの問題」だと消極的な態度で一貫している。4日の関連業界によると、対日水産物輸出の主要な港である日本の下関港と釜山を運航する唯一の船会社「釜関フェリー」が最近、韓国からの船舶冷凍車の出荷を14日まで停止させた。

このことから、韓国水産業界は福岡と大阪港などに物量を迂回しているが、これらの港もコロナ19の状況に応じては冷凍車を止める方策を検討しており、水産業界の悩みは深まっている。

韓国水産業界はマグロをはじめとする水産物を、コンテナまたは冷凍車に載せた後、これを船舶を利用して日本に輸出する。コンテナは20トン(マグロ基準)以上のみを送ることから物量を埋めるために時間がかかり、手続きが複雑で中小の輸出企業はほとんど「トラック複合一貫輸送」という方式を利用する。

「トラック複合一貫輸送」は貨物をトラックに乗せた状態で、車両を交換せずに船で出荷して輸送する方式だが、運転手がトラックを運転しなければならないことから感染の危険があるということだ。水産業界は憂慮しているが、政府の関係部処は「現在までは国家レベルで対応する問題ではないと思われる」と距離を置いている。

あれだけ感染者が拡大してるんだからまあ当然の措置だね。

また韓国がワーワーギャーギャー言ってくるだろうな。

Sonota Keizai 11927 ‬ に何も見つかりません
https://keifree.com/sonota/keizai/11927/‬
keifree.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る