共和党のテッド・クルーズ上院議員、ハガティ前駐日米大使ら、あわせて11人が1月6日にバイデン次期大統領の当選に異議を申し立てると発表

テッド・クルーズ上院議員

共和党のテッド・クルーズ上院議員、ハガティ前駐日米大使ら、あわせて11人が1月6日にバイデン次期大統領の当選に異議を申し立てると発表

アメリカの共和党議員ら11人が、民主党のバイデン次期大統領の当選に異議を申し立てると発表した。

共和党のテッド・クルーズ上院議員や、ハガティ前駐日アメリカ大使ら、あわせて11人は2日、共同声明で「大統領選挙で、不正行為があった」と主張し、バイデン次期大統領の当選に、異議を申し立てると発表した。

異議申し立ては、6日に選挙人の投票が集計される際に行われる予定で、10日間で選挙結果を監査する選挙管理委員会の設置を求めている。

しかし、実質的に選挙結果が覆る可能性はなく、クルーズ氏が、次の大統領選を視野に、トランプ大統領の支持層を取り込む動きとみられている。

なんかすごい展開になってきた!!

ウッシャー!!正義は勝つ!!

(ブルームバーグ): 米大統領選の選挙人投票結果を認定する連邦議会手続きについて、共和党の上院議員11人から成るグループが反対する意向を表明した。選挙制度を損ない党の分裂を招くような試みは控えるよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る