NHK職員、通りかかったタクシーの運転手に暴行し逮捕

NHK職員

NHK職員、通りかかったタクシーの運転手に暴行し逮捕

15日未明、NHK報道局の職員が、東京・新宿区内でタクシーの運転手に暴行してけがをさせたとして傷害の疑いで警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、NHK報道局映像センターの鞘本諒介容疑者(32)です。

警視庁の調べによりますと、15日未明、東京・新宿区の路上で、通りかかったタクシーの運転手に暴行してけがをさせたとして傷害の疑いが持たれています。

調べに対し「酔っていて覚えていない」などと供述しているということです。

NHKは「職員が逮捕されたことは遺憾です。事実関係を確認し厳正に対処するとともに捜査に協力してまいります」としています。

犯罪者集団NHKめ!!

こいつらは国民を見下してんのか!?ザーケンナ!!

【NHK】15日未明、NHK報道局の職員が、東京・新宿区内でタクシーの運転手に暴行してけがをさせたとして傷害の疑いで警視庁に逮捕さ…

関連記事

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2021年 12月 13日

    NHKの徴収方法には問題があります。国営出ない形で料金強制徴収するという流れで、民放と変わりがありません。
    マスメディアがなくなれば、人は目の前の人間ともっと交流するようになります。中身の無い会話でなく。
    テレビに就職する人間はテレビっ子が多いのですが、幼少期からテレビが友達出育ち、家庭内でも会話が少なくなる。一方通行の番組というのが不思議な環境とテレビの向こうから阻害されている形をあたえます。暴力支配のカルトはテレビビデオをツールとして有効活用します。自分の意志と関係なく、一方的に会話を聞かせる拷問です。内容は良くても悪くても問題ありません。遊び人や暴行ばかり見せられて育った人間が精神疾患や人格障害になるのは必然です。特別意識は、テレビが慢性的に無視という暴行から始まるわけで、テレビっ子は無意識のうちに虐待を引き継ぐ形ふりまく形で育ちます。
    特別意識も、もとはテレビのセールストークから始まったものをテレビ育ち世代が真に受けてしまったものです。
    大学のミスコンミスターコンは人格否定的、身体特徴を差別した時代遅れのものです。アナウンサーはエリートと漠然と思われていますが、パチスロプロ雑誌でグラビアと並んだり、全くと言って良いほどキャビンアテンダントやバスガイド等の女性とは別物です。
    なぜか。彼女達は業務として反社的、ギャンブル敵、女性蔑視的な仕事はしません。
    プライベートでそうした人間はいるかもしれませんが、業務としてギャンブル依存症雑誌やポルノ雑誌に関わることはないからです。

  2. アバター
    • 匿名
    • 2021年 12月 13日

    ✕阻害→疎外
    誤字です。失礼しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る