【韓国茶文化】緑茶(ノクチャ)は私たちが日本に伝えた

ノクチャ

【韓国茶文化】緑茶(ノクチャ)は私たちが日本に伝えた

[私たちの文化の新聞=キム・ヨンジョプルンソル民族文化研究所長]今日は24季節の第六の春雨[雨]が降り柏谷[穀]を肥やすという<穀雨(穀雨)>です。この頃から苗代を設けることから本格的にノンサチョルが開始になりますね。だから「穀雨にすべての穀物が目を覚ます。 “、”穀雨に日照り面地が三文字が乾く “、”穀雨に雨が降れば農業に良くない。」、「穀雨が越えなければなら早期に泣く。 ” 同じ農業と関連した様々なことわざが伝えます。

そしてこの時がされると、ヘトチャが出る「朝鮮王朝実録」に茶礼という言葉なんと2,062回登場することから、朝鮮時代には茶を楽しん落とさを知ることができます。ただし当時は緑茶(綠茶)と呼ばず車(茶)またはスズメの舌と似た茶葉で作ったという意味でジャクソルチャ(雀舌茶)と呼ばれていました。緑茶は、私たちが日本に伝えた後、長い間日本に根を下ろし、そちらの気候と土地に合った品種に変わったものであり、これを加工する方法も異なります。緑茶は、元の茶葉を蒸して加工するチンチャであり、私たちの車は鋳鉄釜に火を起こすで手にヒヒよう加工するドクウムチャです。だからチャマトに敏感なこれら緑茶と私たち伝統茶の味が違うし、色も異なります。

かわいそうな人たちだね・・・。

自分たちに文化がないからこうやって・・・。

오늘은 24절기의 여섯째로 봄비가 내려 백곡을 기름지게 한다는 입니다. 이 무렵부터 못자리를 마련하는 일부터 본격적으로 농사철이 시작되지요. 그래서 “곡우에 모든 곡물이 잠을 깬다.”, “곡우에 가물면 땅이 석자가 마른다.”, “곡우에 비가 오면 농사에 좋지 않다.”, “곡우가

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る