東大刺傷事件で逮捕された少年「勉強しろとの圧力が強く勉強が嫌だった。東大を受験するなら東大で事件を起こそうと思った」

東大刺傷事件

東大刺傷事件で逮捕された少年「勉強しろとの圧力が強く勉強が嫌だった。東大を受験するなら東大で事件を起こそうと思った」

東京大学の前で受験生ら3人が切り付けられた事件で逮捕された17歳の少年が「東大を受験する予定だったが、勉強しろとの圧力が強く勉強が嫌だった」と供述していることが分かった。

17歳の少年(供述から):「勉強しろとの圧力が強く勉強が嫌だった。東大を受験するなら東大で事件を起こそうと思った」

教頭によれば、少年は真面目で勉強に打ち込んでいたが、去年の三者面談では「進路に迷っていた」という。

東京工業大学・犯罪精神病理学、影山任佐名誉教授:「合格していくというような同世代の人たちに対する嫉妬や、敵意というものも当然あったんだろうと思う。(一部の若者は)狭い価値観のなかで人生を測ってしまう。コロナ時代の孤立無援の状況になりがちなところで、孤独なところで絶望に陥るという状況はこれからも続く」

親の圧力も原因なのか・・・。

勉強は確かに嫌だな・・・。

東大前で受験生ら3人が切り付けられた事件で逮捕された17歳少年。「勉強しろとの圧力が強く勉強が嫌だった」と供述していると分かった。「東大を受験するなら東大で事件を起こそうと思った」と話しているという

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る