各地で日韓交流事業が中止される中、韓国農協関係者団体が訪日しサクランボ園とりんご農家を視察

りんご農家

各地で日韓交流事業が中止される中、韓国農協関係者団体が訪日しサクランボ園とりんご農家を視察

日韓関係が悪化し、各地で両国の交流事業が中止されるなか、21日青森県の南部町では韓国の農協の関係者が青森の農業を学ぼうとサクランボ園を視察しました。

南部町のサクランボ園を視察したのは、サクランボの栽培を検討している韓国・イエサン郡の農協関係者およそ40人です。(略

視察団の団長を務めるクォン・オヨン組合長は「韓国のサクランボは実の小さいものがほとんどで適切な品種を植えることが重要だ。山本さんの話を聞いてメンバーの関心が高まったと思う」と話していました。 

視察団の一行は22日は板柳町のりんご農家を見学し23日帰国する予定です。 

またイチゴやマスカットの二の舞になるんじゃないの?

苗木を盗んでないかちゃんと見張っておかないと知らんぞ!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る