新型ウイルスで国会にサーモグラフィ設置検討 議員らの発熱の有無チェック

サーモグラフィ

新型ウイルスで国会にサーモグラフィ設置検討 議員らの発熱の有無チェック

自民党の末松信介、立憲民主党の芝博一両参院国対委員長は26日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、発熱の有無をチェックするためのサーモグラフィを国会や議員会館の出入り口などに設置する検討に入ることで合意。

国会議員や秘書、傍聴者、見学者、報道関係者らを対象にするという。

芝氏は「立法府として責任を持ち、国民の範となるような形で対応すべきだ」と述べた。「衆参同時に同じ内容で実施したい」とも語り、衆院とも調整を進める考えを示した。詳細は今後、議院運営委員会の与野党理事が協議して詰めるという。

これ、今いる?

う〜ん。微妙。
それよりも今は別の対策じゃね?
国民一人に例えば香港の14万2千円支給とか。

自民党の末松信介、立憲民主党の芝博一両参院国対委員長は26日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、発熱の有無をチェックするためのサーモグラフィを…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る