14歳と性交発言の立憲 本多議員、もっとヤバイ発言が発覚「12歳と21歳だってないとは言えない」

本多平直

14歳と性交発言の立憲 本多議員、もっとヤバイ発言が発覚「12歳と21歳だってないとは言えない」

立憲民主党の本多平直衆院議員が性交同意年齢に関する議論で「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」などと発言した問題

本多氏が発言の場となった党性犯罪刑法改正ワーキングチームの5月28日の会合で「12歳と21歳だってないとは言えない」などと発言していたことがわかった

ワーキングチームの寺田学座長が意見書で明らかにした

寺田氏の意見書では、5月13日に本多氏から個別に面談を求められたことを紹介

本多氏はこの場で、問題の発言をした記憶がないとしながらも、「50歳と中学生の性行為も同意があればいい」との考えを容認

そのうえで「今たくさん、14歳、15歳から誘っている例があるから。23歳とかを」「みんなフェミニストの人たちは、男がだまして性行為させるもんだと思っているんだけど、今時代が変わってきていて、お金のためとか、興味のためとか、本当に惚(ほ)れて、まー、誘うこともある。そのことを分かってないから」などと発言の意図を説明した

さらに同月28日には、本多氏が「じゃあ33歳と15歳。微妙なところね。僕にとって一番有利な議論は21歳なんだけどね。21歳と15歳に認められるべきケースもある」「12歳と21歳だってないとはいえないけど、そんなこと言ったらキリがないから、今の性交同意年齢はどこかで基準を置かないといけない」とも発言したという

意見書では「本多氏の了解があれば録音も提出する」としている

思想がやばすぎる・・・。

変なビデオでも観てんじゃねーのか!?

立憲民主党の本多平直衆院議員が性交同意年齢に関する議論で「50代が14歳と恋愛し同意があった場合に罰せられるのはおかしい」などと発言した問題をめぐり、本多氏が発…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る