立憲民主党、支持母体の連合に配慮し、立民幹部と共産党幹部が街頭などで2ショットは避ける方針

立憲民主党

立憲民主党、支持母体の連合に配慮し、立民幹部と共産党幹部が街頭などで2ショットは避ける方針

接戦区に「党の顔」、与野党幹部が全国奔走…立民と共産は幹部の2ショット避ける

これに対し、野党第1党の立憲民主党は、無党派層が多い都市部を中心に幹部らを派遣し、票の掘り起こしを狙う。

立民の福山幹事長は19日、札幌市で演説し、「野党は210を超える選挙区で候補者を一本化した。十数年ぶりに政権を選択する選挙になった」と訴えた。

ただ、立民は今回の選挙戦で、共産党と合意した「限定的な閣外協力」に反発する支持母体の連合などに配慮し、立民幹部と共産党幹部が街頭などで並び立つことは避ける方針だ。

共産党は野党共闘で同党に候補を一本化した選挙区を中心に、幹部らが入り、さらなる支持拡大に努める構えだ。

そんなんなら閣外協力なんかしなけりゃいいでしょ!

マジで国民をなめてんな!立憲共産党ザーケンナ!

衆院選は19日に公示され、選挙戦の火ぶたが切られた。選挙の「顔」となる各党幹部らは支持拡大を訴え、全国を奔走する。 「自民党と公明党が守ってきた共通の価値観を守り抜く選挙にしていきたい」 自民党の甘利幹事長は19日、静

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る