ひろゆき氏「ブラック企業は社会悪なので、そこで働く人も社会悪です」

ひろゆき

ひろゆき氏「ブラック企業は社会悪なので、そこで働く人も社会悪です」

ブラック企業を潰す方法は、たった1つしかありません。それは、従業員が一斉に辞めることです。
「こんな給料や待遇では続けられない」と全員が辞めてしまえば、経営者は嫌でも高い給料を出さざるを得なくなります。労務環境も改善に乗り出します。

僕はよく、「生活保護をもらえ」とアドバイスをします。それは、個人を助ける意味でも言っていますが、もっと広く社会のためを考えて言っている面もあります。
ここで大事なことは、「嫌だと思ったらさっさと辞められる」という選択肢を選べることです。

この話をすると、次のような反論がきます。
「そんなことをやったら、労働意欲が失われるじゃないか!」
まったく間違っています。生活保護をもらったとしても、その人が「これで一生安心だ」と何もしなくなると思いますか?

「まずはブラック企業を辞めて、次はちゃんとした企業を選ぼう」
「生活保護に頼りながら、自分の価値を認めてくれるところで働こう」
という方向に進めば、ブラック企業がどんどん潰れて、ホワイト企業のサービスや商品に、人はお金を使うようになります。すると、ホワイト企業の求人や採用が増え、そちらに人が流れるようになります。

その好循環を生み出すためにも、ブラック企業は淘汰されなければいけないのです。

その淘汰のためには、「ブラック企業で商品を買うのはやめましょう」と言ったってムダです。なぜなら、ブラック企業は、社員から搾取した時間とお金によって「安くて質もそこそこ良いサービス」を提供できるからです。

だからこそ、搾取されている社員やアルバイトが辞めるしか方法はないのです。

言ってることはわかるんだけれど、ブラック企業を辞める勇気も大変なんだよね。

ブラック企業ザーケンナ!!

 現在、日本中で大ブレイク中のひろゆき氏。彼の代表作『1%の努力』では、「考え方の根っこ」を深く掘り下げ、思考の原点をマジメに語っている。この記事では、ひろゆき氏にさらに気になる質問をぶつけてみた

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る