宮迫博之氏『牛宮城』の”食品偽装”を認め謝罪 「問題の表記を削除し、今後もお肉は変えずに営業していく」

宮迫博之氏『牛宮城』

宮迫博之氏『牛宮城』の”食品偽装”を認め謝罪 「問題の表記を削除し、今後もお肉は変えずに営業していく」

タレントの宮迫博之が25日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新。オーナーを務める焼肉店「牛宮城」における、〝表示偽装〟問題を認め、謝罪した

「牛宮城」では、今月1日から22日に仕入れた牛、22頭のうち2頭が去勢された雄牛だったという。宮迫と並んで動画に出演した店舗関係者は「個体識別番号から必要な情報を確認すべきでしたが、組織として管理が徹底できておりませんでした」と明かした。

宮迫はさらに「今回のご指摘を受けまして、店舗内で再検査を行ったところ、メニュー等に掲載されている30カ月以上肥育された牛であるという点も順守できていないことも判明しました」と、新たな〝偽装〟も告白。「今後、牛宮城では、『30カ月肥育』と『雌牛のみ』という表現を取りやめさせていただきたいと思っております」と対策も口にした。

一連の疑惑について、宮迫は「担当してくれた人に聴いたんですけど、お肉屋さんが持ってきてくれたお肉で、一番良い、一番おいしく提供できるものを選んだ結果、それが去勢された雄牛だったということなんです。料理人の気持ちとしてよりおいしいので仕入れてしまったんですけど、店舗としては間違いなので、本当に申し訳ございません」と説明。「お客さまにおいしいお肉を召し上がっていただくという最優先のコンセプトがございますので、去勢された雄牛であっても30カ月未満の牛であっても、その時入った一番美味しいものをお客さまに食べて頂きたいので、そのお肉を使うことも今後あります」とした。

これはひどい・・・。

普通に嘘じゃんか・・・。

 タレントの宮迫博之が25日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新。オーナーを務める焼肉店「牛宮城」における、〝表示偽装〟問題を認め、謝罪した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る