旧統一教会と政界の関係に岸田首相「丁寧な説明が大事だ」

岸田首相

旧統一教会と政界の関係に岸田首相「丁寧な説明が大事だ」

旧統一教会と政界との関係が取りざたされる中、岸田首相は31日、「政治家の立場から丁寧に説明をしていくことが大事だ」と述べた。首相公邸で記者団からの質問に答えた。 

まさかの他人事感…。

説明すべきだな。統一だけじゃなく創価も一緒にな。

岸田首相は、旧統一教会と政治家の関係が相次ぎ明らかになっていることについて問われ、「丁寧に説明することが大事だ」との見解を示した。岸田首相「社会的に問題になっている団体との関係について、政治家の立場からそれぞれ丁寧に説明をしていくことは大事だ」現職閣僚を含む自民党議員などと統一教会との関係が取り沙汰されている中、初めて見解を示した形。岸田首相は「それぞれさまざまな説明を行っているようだ」としつつ、「国民の関心も高い」と述べ、丁寧な説明を求めた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る