韓国の情報提供要請、日本は応じる方針 協定破棄の再考も促す

潜水艦発射弾道ミサイル

韓国の情報提供要請、日本は応じる方針 協定破棄の再考も促す

韓国政府は2日、北朝鮮が発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられるミサイルについて、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)に基づく情報提供を日本に要請した。

日本側は情報提供に応じる方針で、引き続き韓国側にGSOMIAの重要性を訴えていく方針だ。

防衛省幹部は「GSOMIAは11月22日まで有効だ。やるべきことはやる」と述べ、韓国の要請に応じる考えを示した。韓国側に情報提供を要請しなかったことについては、「早期警戒衛星を持つ米軍からの情報が入るため、韓国側の情報は特段、必要ではない」と説明した。

外務省幹部は「GSOMIAの必要性を韓国側は分かったのではないか」と語り、韓国側にGSOMIA破棄の再考を促していく考えを示した。

GSOMIAは11月22日まで有効だから仕方がないかもね。

まあ韓国もGSOMIAの必要性に気づいてきてるんでしょ?
でもムンムンの指示だろうからGSOMIA破棄撤回はないっしょ。

北朝鮮のミサイル発射を巡り、韓国はGSOMIAに基づく情報提供を日本に求めた。同協定は11月22日まで効力があるとし、日本は韓国の要請に応じる方針。加えて、韓国にGSOMIA破棄の再考を促していくとの考えを示している

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る