いわき市で救助中救助ヘリから40m落下し死亡 東京消防庁、フック忘れる

東京消防庁

いわき市で救助中救助ヘリから40m落下し死亡 東京消防庁、フック忘れる

13日午前10時ごろ、福島県いわき市で、台風19号の救助活動をしていた東京消防庁のヘリコプター「はくちょう」が、孤立状態だった77歳の女性を救助する際、隊員が女性側の救助装置のフックをロープに付け忘れたままつり上げ、約40m落下させた。女性は病院で死亡した。

同庁は同日、庁内で記者会見を開き、清水洋文次長が「申し訳ありませんでした。活動中の手順を誤った」と謝罪した。

あの状況下だったから隊員を一概に責めれないと思う。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

救助ヘリから40m落下し死亡 東京消防庁、フック忘れる | 日本海新聞 Net Nihonkai
https://www.nnn.co.jp/knews/191013/20191013182.html
www.nnn.co.jp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る