韓国で暴行受け、全治2週間の怪我を負った日本人被害者が公判出席「処罰望む」

日本人被害者

韓国で暴行受け、全治2週間の怪我を負った日本人被害者が公判出席「処罰望む」

ソウル・弘大入口駅近くの路上で日本人女性を暴行したとして起訴された30代の男の裁判に、被害者と当時の同行者が証人として出席した。

27日にソウル西部地裁刑事9単独(パク・スヒョン裁判長)審理として開かれた被告の男(33)の公判に出席した日本人女性Aさん(19)は、「被告の処罰を望むか」という判事の質問に対し「はい」と答えた。

この事件でAさんは脳震とうなどで全治2週間と診断された。

悪しき前例を作らないためにも厳しい処罰を課してください!

モテない男の勘違いから生まれた暴力事件。日本女性は韓国俳優やKPOP歌手に夢中なだけで一般韓国人になんか見向きもしないっつーの!
勘違い男ザーケンナ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る