武漢火葬場勤務者情報「24時間ずつ休まず仕事」「1日100体以上の死者を処理」

1日100体

武漢火葬場勤務者情報「24時間ずつ休まず仕事」「1日100体以上の死者を処理」

新型コロナウイルス感染症が発生したと言われる武漢市で、1日の死者数が100体以上にもなるという。
ただその死亡者数を隠蔽するために隠蔽手段として火葬が利用されているという疑惑が浮上している。

複数のメディアは、中国本土住民の主張を引用して、「中国国家衛生健康上の発表よりも、実際の死亡者がはるかに多いだろう」と伝えた。続いて、新型コロナウイルス感染症に掛かった武漢だけでの死者は毎日100体以上にもなり、遺体を火葬するという事実が暴露された。

イギリスの日刊紙は6日武漢火葬場勤務者の情報提供を受けて「武漢肺炎で死亡した遺体を火葬するのに1週間を通して1日24時間ずつ休まず仕事をしている」と報道した。報道によると、武漢火葬場で先月28日以降、毎日100体以上の遺体が火葬されたのは事実だという。また火葬場の前の10個のゴミ箱には、火葬後に残った灰で満たされている状態だという。

これってほんと?ウソ?どっち?
ウソであってほしい・・・。

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!

新型コロナウイルス感染症が発生したと言われる武漢市で、1日の死者数が100体以上にもなるという。 ただその死亡者数を隠蔽するために隠蔽手段として火葬が利用されているという疑惑が浮上している。 複数のメディアは、中国本土住民の主張を引用して、「中国国家衛生健康上の発表よりも、実際の死亡者がはるかに多いだろう」と伝えた。続いて、新型コロナウイルス感染症に掛かった武漢だけでの死者は毎日100体以上にもな

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る