新型肺炎の潜伏期間は「最長24日」 呼吸器疾患の権威・鐘南山と研究者37人が共同執筆で論文発表

最長24日

新型肺炎の潜伏期間は「最長24日」 呼吸器疾患の権威・鐘南山と研究者37人が共同執筆で論文発表

新型肺炎の潜伏期間「最長24日」 呼吸器疾患の権威・鐘南山氏の「衝撃」論文 

中国国家衛生健康委員会新型肺炎対策専門家委員会のトップを務める呼吸器疾患の専門医・鐘南山氏が、新型コロナウイルスによる肺炎感染者1099人の臨床データをまとめた研究論文が、2020年2月9日に公開された。
鐘氏は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時にいち早く警鐘を鳴らした専門家として、中国国民から信頼を集め、新型肺炎対策において中国政府とのパイプ役を担う存在になっている。 

論文は潜伏期間が24日にも及ぶ感染者の存在や、感染力が強く、多人数にウイルスを広げる「スーパースプレッダー」が既に発生している可能性を指摘しており、感染経路をより正確に知る上で有力なデータとして注目されている。
患者の平均年齢47.0歳、15歳以下は0.9% 

同論文は、鐘南山氏と、初期から新型肺炎患者を受け入れている武漢市金銀潭医院、広州市呼吸衛生研究所、湖北省黄岡市中心医院、浙江大学医学院付属第一医院などの研究者37人が共同執筆し、1月29日までに確認された患者のうち552か所の医療機関で診察を受けた1099人の臨床研究から、特徴を整理している。
主な内容は以下の通り(論文のほか、論文を引用した中国メディアの記事も参考にした)。

潜伏期間が最長24日って・・・。もはや怪物じゃん・・・。

どんどんわかってきてる新型コロナウイルスの特性。
これでもインフルとおんなじ扱いにする気か!?有識者ども!

中国国家衛生健康委員会新型肺炎対策専門家委員会のトップを務める呼吸器疾患の専門医・鐘南山氏が、新型コロナウイルスによる肺炎感染者1099人の臨床データをまとめた研究論文が、2020年2月9日に公開された。鐘氏は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時にい...

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る