東京五輪で大会組織委員会関係者「もう、賽は投げられたから突き進むしかない。イチかバチかかもしれないが…」

大会組織委員会関係者

東京五輪で大会組織委員会関係者「もう、賽は投げられたから突き進むしかない。イチかバチかかもしれないが…」

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が21日、「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思っている」などと発言。会場内のほんの一部からはやや失笑も漏れたが、大半の関係者が凍り付いていた。

これだけ新型コロナウイルスの感染が日本中で広がっているのに、東京五輪開催を危ぶむ記事が主要メディアからほとんど発信されない。事情通は「やはり東京五輪に向けた〝圧力〟が効いているのではないかと思います」と打ち明ける。

五輪の取材パスは、IOC(国際オリンピック委員会)が発行し、認証するJOC(日本オリンピック委員会)を経由して申請者側に渡される。この五輪取材パスの取得は非常に難しく、IOCの意にそぐわないようなことをするメディアはブラックリストに入れられてしまうという。

大会組織委員会の関係者は「君たちは東京五輪を開催中止にしたら、どれだけの経済損失が出るか分かっているのか。そんなことよりも、どうやって大会を成功させるか。それを考えることが日本のマスコミの責務のはずだ。もう、賽は投げられたから突き進むしかない。イチかバチかかもしれないが、このウイルスとの勝負に勝って、大会を成功させれば我々日本人は歴史に名を残せることになるじゃないか」と話していたという。

もう無理な気がして来た・・・。

オレも無理な気がする・・・。

森喜朗会長が「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思っているんですが…。どうぞお帰りになったら手を洗うとか、特に選手は気をつけて風邪など引かないようにウイルスをもらわないように」などと発言。会場内のほんの一部からはやや失笑も漏れたが、大半の関係者...

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る