応募工訴訟 韓国裁判所が日本製鉄の差し押さえ資産鑑定、現金化手続き進む

応募工訴訟

応募工訴訟 韓国裁判所が日本製鉄の差し押さえ資産鑑定、現金化手続き進む

韓国のいわゆる元徴用工訴訟で賠償を命じられた日本製鉄の資産について、売却して現金化するための鑑定手続きが進んだことがわかりました。

原告側の関係者によりますと、元徴用工訴訟をめぐり、賠償を命じられた日本製鉄の韓国国内の資産について、大邱地裁・浦項支部が委託した鑑定人が今年1月15日付で裁判所に鑑定書を提出しました。

これにより、資産を売却し現金化するための鑑定手続きが、進んだことになります。

やっとか・・・。今回はヤルヤル詐欺はやめてね。

このまま現金化まで突っ走れーっ!!

韓国のいわゆる元徴用工訴訟で賠償を命じられた日本製鉄の資産について、売却して現金化するための鑑定手続きが進んだことがわかりました。原告側の関係者によりますと、元徴用工訴訟をめぐり、賠償を命じられ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る