日本オリンピック委員会の会長「JOC経理部長は電車に飛び込んでいない。頭の側面が(車両に)当たっただけ」

山下泰裕会長

日本オリンピック委員会の会長「JOC経理部長は電車に飛び込んでいない。頭の側面が(車両に)当たっただけ」

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(64)が、JOC経理部長の男性(52)が電車にはねられて死亡した件で〝新事実〟を主張した。

遺族と話したという山下会長は「ご遺族は警察が自殺と認定していることに納得していない。事故死ではないかと思われている」
「(報道で)飛び込んだって書いていますけど、ちゃんと警察に確認してほしい。頭の側面にしか(車両が)当たっていない。飛び込んだっていうのと全然違うでしょ」と疑問を呈した。

当初、ホームに飛び込んだと証言していた目撃者は一番前の駅員だったといい、山下会長は「(男性は)いつも後ろから2両目に乗っていた。一番前とはすごい距離がある。例えば、電話をしてフラッとして当たったことだってあり得る」として自殺説を完全否定した。

真相はどうなんだろう・・・。

頭の側面に車両が当たったって表現・・・。怖いんですけど・・・。

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(64)は10日、都内で行われた理事会に出席。その後の取材対応で、JOC経理部長の男性(52)が電車にはねられて死亡した件で〝新事実〟を主張した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る