水溜りボンド・トミーの店が『感染拡大防止徹底宣言』に登録していた 協力金詐欺の疑いも…

水溜りボンド・トミー

水溜りボンド・トミーの店が『感染拡大防止徹底宣言』に登録していた 協力金詐欺の疑いも…

緊急事態宣言下にもかかわらず、多数のYouTuberが深夜までパーティーを開いていた問題に、新たな問題が浮上しています。

パーティーの会場となった飲食店は、「水溜りボンド」(登録者数412万人)のトミーが経営する店だったことを本人が認めていますが、このお店が東京都の「感染拡大防止徹底宣言」の登録店舗だったことが判明したのです。

東京都は、飲食店に20時までの時短営業や酒類の提供の取りやめなどを要請しており、これに応じた飲食店の申請で、1店舗あたり日額4万円~10万円(中小企業の場合)の協力金の支給をおこなっています。

トミーの飲食店は、「東京都感染拡大防止徹底宣言 登録店舗マップ」で確認できる上、4月1日~11日の時短要請分の「ご協力のお申し出を頂きました施設の一覧」ページからも確認できます。

■パーティー開催日の補助金は申請受付前

中には「補助金詐欺」を指摘する声もありますが、パーティーが開かれたのは6月18日で、その期間の補助金は申請すら始まっていないので、詐欺と糾弾するのは行き過ぎかと思われます。

とはいえ視聴者から疑問の声が上がるのも当然で、過去に同様の宴会を開いた事実がなかったか、補助金は受給したのかなど、トミーには経営者としての説明が求められます。

なんかこの問題。肥大化してきてるね。

協力金詐欺だったら普通にやばくね?

緊急事態宣言下にもかかわらず、多数のYouTuberが深夜までパーティーを開いていた問題に、新たな問題が浮上しています。 トミーの店は感染拡大防止徹底宣言に登録していた パーティーの会場となった飲食店は、「水溜りボンド」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る