4月8日から米英仏など106か国の入国拒否を解除

岸田首相

4月8日から米英仏など106か国の入国拒否を解除

政府は先ほど、新型コロナウイルスの水際対策について、アメリカやイギリス、フランスをはじめ、ヨーロッパやアジアなどの106か国の入国拒否措置を解除することを決定しました。

対象国の感染状況やワクチン接種状況などを総合的に判断したもので、解除の対象になるのは、▽北米のアメリカやカナダ、▽ヨーロッパのイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、▽アジアのタイやインドネシアなどです。

一方、入国拒否措置が継続されるのはロシアやイラク、エチオピアなど56の国と地域となります。

なんだか不安・・・。

マジか・・・。

政府は新型コロナウイルスの水際対策について、アメリカやイギリス、フランスをはじめ、ヨーロッパやアジアなどの106か国の入国拒否措置を解除することを決定しました。政府は6日、国家安全保障会議の緊

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る