「生徒が自主的に撮った」とされていた『秀岳館サッカー部生徒だけの顔出し謝罪動画』、主犯の監督の指示だったと判明!

秀岳館サッカー部

「生徒が自主的に撮った」とされていた『秀岳館サッカー部生徒だけの顔出し謝罪動画』、主犯の監督の指示だったと判明!

説明会では過去2年間のサッカー部内の暴力行為の件数が報告され、「部員が主体となって撮影した」とされていた謝罪動画が実は監督が指示していたことが明らかになりました。

「あの(部員の)謝罪動画については監督と一緒に撮影した。(監督が)確認して動画をアップしたことまで確認が取れています」

部員による謝罪動画について、学校側は当初、「部員主導で行った」と説明していましたが、段原監督が「本人が出て、名乗って謝罪するように」と指示していたことが明らかになりました。

段原監督は一連の騒動に対し、保護者に対して、泣きながら土下座したということです。

この監督。もうダメでしょ。

生徒がかわいそうだな。

八代市の秀岳館高校の男子サッカー部でコーチが部員に暴行した問題で、学校で4日、保護者への説明会が開かれました。説明会では過去2年間のサッカー部内の暴力行為の件数が報告され、「部員が主体となって撮

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る