田原総一郎氏「文政権を追い詰めたのは日本政府。日韓関係を本気で修復しようとするならば、文政権が来春の総選挙で勝てる手立てを提言すべき」

田原総一郎

田原総一郎氏「文政権を追い詰めたのは日本政府。日韓関係を本気で修復しようとするならば、文政権が来春の総選挙で勝てる手立てを提言すべき」

ジャーナリストの田原総一朗氏は、日韓関係について今後の関係修復を提言する。

現在、文在寅大統領は、来年4月の総選挙のことしか考えていないはずだ。もしも総選挙で与党が負けることになると、文大統領が逮捕されるという危険性もある。韓国というのは怖い国で、大統領の任期が終わると、逮捕されたり、自殺に追い込まれたりする例が少なくない。だから、何としても総選挙に勝たねばならない、と全力を投入している。

文政権を追い詰めたのは日本政府なのである。そこで、最悪の日韓関係を本気で修復しようとするならば、文政権が来春の総選挙で勝てる手立てを提言すべきではないか。

確かにムンムンには大統領を続けて欲しいけど、あからさまに言う?
田原さんハニトラニでもかかってるの?

総一郎ザーケンナ!
日本は追いつめてなんかいない!韓国が自滅したんでしょーが!
何言っちゃってんの?

田原総一朗「文政権追い詰めたのは日本。韓国への提言で関係修復を」〈週刊朝日〉...
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00000049-sasahi-pol
ジャーナリストの田原総一朗氏は、日韓関係について今後の関係修復を提言する。*  *  * 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効6時間前に「終了延長」を発表した。 これによって - Yahoo!ニュース(AERA dot.)
Yahoo!ニュース
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る