緊急事態宣言を受け、パチンコ大手各社が相次ぎ営業休止

パチンコ大手各社

緊急事態宣言を受け、パチンコ大手各社が相次ぎ営業休止

2020年4月7日に発令される緊急事態宣言を受けて、パチンコ各社が営業休止を決めた。

405店舗を展開する「ダイナム」は6日、緊急事態宣言の対象区域となる7都府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)の全55店舗を、7日から営業休止すると発表した。再開日は未定。

約150店舗を展開する「アンダーツリー」も7日、未出店の福岡を除く6都府県の全115店舗を、8日から休止すると発表した。再開日は未定。

317店舗を展開する「マルハン」は7日、J-CASTニュースの取材に「都から正式な発表が出るタイミングで(営業継続の可否について)リリースを出す予定」と答える。

やっとか。これで感染経路を一つ防いだことになるね。

完全自粛すんのかな?まあとにかく朗報だな!

7日に発令される緊急事態宣言を受けて、パチンコ各社が営業休止を決めた。ダイナムは7都府県の全55店舗を、7日から営業休止すると発表。アンダーツリーも未出店の県を除く6都府県の全115店舗を、8日から休止する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る