GW沖縄便の予約、未だ5万人超で玉城デニー知事「どうか来沖を我慢して」

玉城デニー

GW沖縄便の予約、未だ5万人超で玉城デニー知事「どうか来沖を我慢して」

沖縄県では24日までに133人の感染者と4人の死者が出ている。3月下旬の春休み時期などに首都圏や近畿圏などで感染した人が沖縄県内に入り、感染が広がったとみられ、玉城知事は3月26日に県民向けに不要不急の県外への旅行の自粛を、4月8日には県外の人々に来県の自粛を求めた。

一方、4月22日に航空会社が発表したGW期間中(4月29日~5月6日)の国内線の予約状況をみると、沖縄と県外を結ぶ便と県内空港間の便の予約が、JAL・JTAグループで計2万6941人分、ANAで計3万104人分入っている。いずれも前年比では約9割減だが、一定の人の移動が見込まれる。

玉城知事「愛する沖縄を守るため、どうか今は来沖を我慢して、それぞれの地域で、家庭でお過ごしください」

どうせ多くの人がGWは観光に行くだろうね。今の江ノ島を見たらわかるよ。日本人のお花畑体質は末期だもん。

ほんといろんなことを我慢して自粛してる人がばかみたいだよな・・・。腹たつわ〜。

 「県外在住の皆様、沖縄が大好きで、来沖を予定されている方もいらっしゃるかと思いますが、愛する沖縄を守るため、どうか今は来沖を我慢して、それぞれの地域で、家庭でお過ごしください」。新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は24日の記者会見で、ゴールデンウイーク(GW)中の

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る