サッカー日本代表の森保監督、記者の指摘に反論「オマーン戦の前半そこまで悪かったですか」

森保

サッカー日本代表の森保監督、記者の指摘に反論「オマーン戦の前半そこまで悪かったですか」

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオマーン代表対日本代表は現地時間11月16日に行なわれ、日本が1-0で勝利を収めた。

森保一監督(53)は低調だったMF南野拓実とDF長友佑都の左サイドコンビを擁護した

先発した2人は好機をつくれず後半17分に揃って交代、途中出場の三笘と中山が活躍したことで不振が際立つ形になった

試合後にこの点を指摘された森保監督は「前半そこまで悪かったですか」と反論

「前半の45分があったからこそいい攻撃を仕掛けられる」と主張した

最悪でしたよ?

前半の失態を認めないとチームが成長するわけねーだろが!

 日本代表が16日(日本時間17日)のカタールW杯アジア最終予選オマーン戦で1―0と勝利し、森保一監督(53)は低調だったMF南野拓実(リバプール)とDF長友佑都(FC東京)の左サイドコンビを擁護した...

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る