徴用問題で原告女性、三菱重工業に話し合いに応じるよう要求「日本人の皆さんも企業に早く謝罪するよう話して」

原告女性

徴用問題で原告女性、三菱重工業に話し合いに応じるよう要求「日本人の皆さんも企業に早く謝罪するよう話して」

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判の原告の女性が、おととしの最高裁の判決後はじめて、被告の三菱重工業の担当者と都内で面会し、問題の解決に向けて話し合いに応じるよう求めた。

この裁判は、太平洋戦争中に「女子勤労てい身隊」として愛知県にあった軍需工場で過酷な労働を強いられたとして、韓国人女性やその遺族が三菱重工業に損害賠償を求めたもので、おととし11月、韓国の最高裁判所で企業側に賠償を命じた判決が確定。

この裁判の原告の1人で、韓国のクワンジュ(光州)市に住む、ヤン・クムドクさんは面会のあと「日本人の皆さんも企業に早く謝罪するように話してください」と話していた。

これについて三菱重工業は「国と連携して適切に対応していきたい」とコメント。

すみませんが、いくら声を荒げても日本国民は動きませんから。
なぜなら1円でも支払ったら無限ループに陥るから・・・。

・・・。
っていうか粘着性半端ないんですけど・・・。

「徴用」原告の女性 被告の企業に話し合い求める | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200117/k10012249401000.html
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判の原告の女性が、おととしの最高裁の判決後はじめて、被告の三菱重工業の担当者と都内…
NHKニュース
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る