中国人乗客が武漢出身の乗客との同乗拒否で騒ぎに!中部国際空港で5時間遅延!

中国南方航空

中国人乗客が武漢出身の乗客との同乗拒否で騒ぎに!中部国際空港で5時間遅延!

名古屋中部国際空港で27日、一部の中国人乗客は武漢出身の乗客との同乗を拒否したため、中国南方航空上海行きのCZ380便が5時間遅延した。

中国SNS微博の投稿によると、同日9時頃、搭乗を待つ上海からの乗客は近くの乗客が武漢の方言を操り、なかに風邪薬を飲んでいる人がいると目撃した。すぐに空港スタッフに「発熱する武漢からの乗客がおり、搭乗させてはいけない」と要求した。上海出身の乗客70数人は相手を搭乗させた場合、「絶対、同便を乗らない」と搭乗を拒否

南方航空のスタッフは武漢出身の乗客の体温を測り、「問題ない」と伝えたが、「体温計を信用できない」と一蹴された。

仕方がなく、スタッフは名古屋の中国総領事館に連絡し、領事館員の説得で武漢の乗客が同便で帰国し、上海の乗客は他の便に振り替えることに同意した。同便は予定時刻の9時25分から5時間遅れて出発した。

世界中で中国人を巻き込んだ揉め事が起きてるね!
そりゃそうなるけど・・・。

韓国人も中国人と喧嘩してるようだしな。
日本もそのうちそうなるかもよ。

名古屋中部国際空港で27日、中国南方航空上海行きの便が5時間遅延した。搭乗を待っていた中国人乗客が武漢出身の乗客との同乗を拒否したため。武漢出身の乗客が風邪薬を飲んでいるのを目撃したと訴え、騒動となった

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る