新型肺炎でWHO「中国の感染増加ピークは過ぎた。下降傾向は確かなものだ」

WHO

新型肺炎でWHO「中国の感染増加ピークは過ぎた。下降傾向は確かなものだ」

世界保健機関(WHO)の専門家エイルワード氏は24日夜の北京での記者会見で、湖北省武漢市などを視察した結果を踏まえ、中国では感染増加のピークが過ぎたとの認識を示した。中国国営メディアは25日、同氏が中国の取り組みを高く評価したと報じた。

エイルワード氏は「武漢市の病院でも外来患者が減っている」と指摘し「下降傾向は確かなものだ」と強調

すいませんが、信用できません。

WHOは中国機関だろ?信用できるわけないっしょ!
いい加減忖度やめれ!!

【北京共同】世界保健機関(WHO)の専門家エイルワード氏は24日夜の北京での記者会見で、湖北省武漢市...

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る